×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

霊のいる部屋

ある、マンションの一室。
何の変哲もない、借家。
なのに、家賃が奇妙に安い。
そこを、とある青年が借りた。
そこにいたのは、少女の霊。
ただのちっぽけな、綺麗な少女の霊。

第壱話:出会い
第弐話:小さい背中
第参話:親友と彼女
第四話:てのひら
第伍話:日だまりの中で
第六話:夜の町
第七話:夜の静寂
第八話:寂しい笑顔
第九話:不思議な重み
第拾話:輝く笑顔
第拾壱話:紅い夕焼け空の下
第拾弐話:冷たいてのひら
第拾参話:握った拳
第拾四話:凍るような月の下
第拾伍話:水入りのグラス 


番外編
honey(お題)
もう一度、巡り逢うために(お題)


よかったら一言感想をどうぞ。無記名でも大丈夫です。(誤字・脱字などもここにお願いします)

よろしければ一言どうぞ。
お名前 小説(シリーズ)名 一言 Powered by FormMailer.

NOVEL/HOME/BBS