×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



日だまりの中で

「ねえ」
「ああ」
「何かしないわけ」
「バイトとか、休みだし」
隆敏は部屋の床にごろりと転がりながら、同じく転がってる紀子の方を見た。
「大学もどうにかなってるし」
「ふうん。 ねえ」
「なんだよ」
「あの人にさあ、未練ほんとはあるんでしょ」
「・・・」
無いと言っているのに。
「無いよ」
「そ」
「なんだよ。やきもちか」
「んなわけないでしょ」
ベランダに通じる窓から陽光が差し込む。
「ねえ」
「なんだよ」
「お腹が」
「空いたとかいうなよ」
「ううん。空かないの」
「なんだよそれ」
「死んでるから、味はして食べれても駄目なんだと思う。お腹いっぱいになれないの」
そう淡々と続ける紀子。日の光をもろに受けているのに、隆敏よりその影は薄い。
「そうか」
隆敏はあいづちしか打てない。
「うん」
「でもさ」
「ん?」
「たまには、・・・食えよ」
「うん。・・・あったかいね」
「ああ」
天気は快晴。
しかし二人はそのまま転がり続ける。
日だまりの中で。



BACK / INDEX / NEXT
NOVEL / HOME / BBS