×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



小さい背中

とある駅前の、噴水の側のベンチ。
「いきなり彼女になってくれっていうから、何かと思った」
「そりゃそうだよな」
隆敏は隣に座っている少女を見た。
シンプルな水色のワンピース。
『出た』時は学生服だったけど、隆敏が『着るように』と買い与えた。
「友達に彼女とられて、あきらめた頃に自慢されたからって、幽霊に彼女役頼む?」
「だって他に手がないし。人に見えるんだし、物動かせんだし、その上実体化できるし」
「そうだけど。あ!」
紀子が突然立ち上がる。
「アイスクリーム屋さん」
屋台に向かってワンピースをはためかせて、駆け出す。
「買ってよ、あれ」
「お前食うつもりかよ」
追って隆敏。
「あ」
立ち止まる紀子。
「食えないのか」
「試してない」
怖いから、と紀子。
隆敏は、見下ろさないと彼女を見れない。
小さな体が震えている。
「やっぱり買わなくっていいよ」
そういった時には隆敏はもう屋台にいて、アイスクリームを買っていた。
一つだけ。
戻ってきて落胆と安堵の入り交じった瞳を向けられながら、隆敏はアイスクリームを食べる。
中程まで来たところで、
「ほら」
紀子に差し出す。
「あ」
「一口だけな」
おそるおそるなめ取る。
甘くてひんやりした味。
「食べれる」
「食事でもすすめられたら困るしな」
にかっと笑う隆敏。
「うん」
そのまま紀子の笑顔が花開く。
そして紀子はアイスクリームを持ったまま走り出す。
「こら、返せよ」
隆敏は紀子を追いかける。
見上げれば、夏の空。
目の前を走るのは、
彼女の意外と小さい背中。



BACK / INDEX / NEXT
NOVEL / HOME / BBS