×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



輝く笑顔

「あ、お早う」
紀子は翌日、丁度隆敏が朝餉を味わっている時に起きてきた。
「お早う」
「お早う、紀子ちゃん」
隆敏の返事と同時に、トムが台所から顔を出す。
「お邪魔しているよ」
「あ、はい」
ぺこりと礼をしてふと隆敏の方を見た紀子が、胸元のペンダントに目をやって固まった。
「ああ、これか。有り難う」
隆敏が礼を言うと、恥ずかしさからか紀子の顔に朱がさしたが、
「返ってきてから、手渡すつもりだったのに。何勝手に開けてるの」
強気で言い返す。
「んな事言ってもなぁ。お前寝てたし」
「しかも給料明細握りしめて」
トムが横からいらぬ口を出した。
「見たんですか!?」
更に紀子の顔が真っ赤になる。
「見たよ。ああいうのはちゃんと仕舞っておこうね」
悪びれもない笑顔を作ったトムに、紀子は返せず黙り込む。
「とにかく、働いて買ってくれたんだろ」
その間をついて隆敏は問いかけた。
「うん」
こくりと紀子が頷く。
「有り難うな。嬉しいよ」
「本当?」
「本当」
それを聞いて紀子が見せたのは、
見た方が嬉しくなるような、
輝く笑顔。



BACK / INDEX / NEXT
NOVEL / HOME / BBS