×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



赤い夕焼け空の下

「隆敏」
駅から出た通りを家へと歩いていると、真が脇の道から出てきて、声をかけてきた。
「真」
真の住んでいる所はここから離れた所だ。
わざわざ、どうしたのだろう。
「叔父さん関係でちょっと、此処の神社に用があってさ」
そう言って出てきた道の先を指す。こぢんまりとした神社があった。
「そういや、お前の住んでる所、幽霊が出るんだって?」
ぎくっとした。
冷や汗が垂れる。
「そんな事無いけど」
気付かれないよな。気付くなよ真。
精一杯平静を装って答える。
「ふうん。まあいいや。ここらで良い店ないか?
 ちょっと飲みにでもいかねえか」
「俺たち、まだ成人じゃないだろ。良い店、なぁ。
 『トロイメライ』かな。玲奈と一緒に行けば、いい店だ」
前一人で寄ったが、雰囲気が良く、飲み物が美味しい良い店だった。 「おう。有り難う」
そのまま隆敏は急ぎ足でその場を後にした。

真はそこに立ちつくし、すっと静かに腕を上げる。
烏が一羽そこに留まった。
由良鈴(ゆらすず)
『何だ、主』
「『トロイメライ』は、ただの一般人に見える物じゃないよな」
『隆敏は、幼き頃は見えていただろう?』
「そうじゃないんだ、・・・変な感じがする」
『調べる。待て』
そう言って烏が消えたのは、
恐い程に、
紅い夕焼け空の下。



BACK / INDEX / NEXT
NOVEL / HOME / BBS