×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



親友と彼女

「しっかしあれだ、マジで隆敏に彼女がいたとはな」
喫茶店ので隆敏の正面の椅子に座っている青年が言った。
「何だよ。悪いか? (まこと)
「紀子ちゃん」
その会話そっちのけで、隆敏の右に座った紀子の正面の女性が言う。
「はい。何でしょうか、杉野さん」
「呼んでみただけ。玲奈(れいな)でいいよ」
「はい」
そういって紀子はオレンジジュースのストローに口をつけた。
「てっきり、俺は強がりで言ったのかと」
実は図星。
「可愛い彼女だよねー」
「まあな。お前らはよろしくやってんだろ」
「お、彼女取られたひがみですか」
「んなもん消えてるよ」
「おいしい」
ぼそりと紀子が言う。
食事がおいしい。これまで試したことすらなかったのに。
「じゃ、もう一杯頼め。こいつらの奢りだしな」
「ぁ、調子乗ってる」
玲奈が頬をふくらます。
「うん。じゃ、アップルジュースにしよっと」
紀子がウェイトレスを呼ぶ。
「アップルジュース1つ」
「俺はイチゴパフェ」
「隆敏って結構可愛いもの頼むね」
紀子が笑う。
「え?」
真が怪訝な顔をする。
「ふ?」
オレンジジュースを一気に飲もうとしながら紀子。
「いや、なんでもない」
隆敏はそんな真を見ながら紀子を二人に見えないように小突く。
やがて、イチゴパフェがやってきた。



BACK / INDEX / NEXT
NOVEL / HOME / BBS